フォトレポート:自動チューニングの秘密を探る--ギブソン「Robot Guitar」を分解 - 7/7

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部2008年04月23日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 中央に見えるのが、ヘッド裏側のチューニングペグの間に取り付けられている電子機器。これは後付け可能な部品であり、ギターが完成してから取り付けることができる。Carey氏によるとヘッドのアセンブリがRobot Guitarの「心臓部」だという。電子機器自体は複数のメーカーによって製造されている。ローム、Texas Instruments、NXP、Linear Technology、Silicon Labsが電力変換、データの受信、データのデコード、モータードライブ制御を担当するテクノロジを製造している。
Scroll Right Scroll Left

 中央に見えるのが、ヘッド裏側のチューニングペグの間に取り付けられている電子機器。これは後付け可能な部品であり、ギターが完成してから取り付けることができる。Carey氏によるとヘッドのアセンブリがRobot Guitarの「心臓部」だという。電子機器自体は複数のメーカーによって製造されている。ローム、Texas Instruments、NXP、Linear Technology、Silicon Labsが電力変換、データの受信、データのデコード、モータードライブ制御を担当するテクノロジを製造している。

提供:Corinne Schulze/CNET Networks

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]