logo

実は商業サイトにとって制約が多いYouTubeの拡張API - (page 2)

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、福岡洋一2008年03月14日 19時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これはつまり、ユーザーは動画やプレーヤーに広告を挿入できないということだ。そしてYouTubeのプレーヤーでは、YouTubeのロゴが重ねて表示される。これも驚くにはあたらない、と動画検索コミュニティーサイト、SideReelの最高経営責任者(CEO)であるRoman Arzhintar氏は言う。

 「思うに、YouTubeはプレーヤーそのものを通じて広告を提供しようとしているのだろう。Googleから広告を引き込むコードを内部に組み込むのだ」(Arzhintar氏)

 YouTubeはユーザーがプレーヤーを利用することを認めている。当然、広告を配信して利益を上げようとするのではないか。

 しかし、あいまいで、おそらく適用範囲が広すぎる利用規約の文面は、一部の商業サイトにとって制限が多すぎるだろう。独自の広告やブランドを入れて、自社ブランドで運用可能なサードパーティーのプレーヤーを入手できるサイトがたくさんあるとなれば、なおさらだ。

 つまり、YouTubeのプレーヤーはなおも、YouTubeのブランドや広告を気にせずにコンテンツに動画を加える個人ブロガーや比較的小規模な企業向けのものということだ。両極のどちらにも属さないユーザーは、細かい規約をよく読んだほうがいい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]