ヤフー、コンテンツ連動型広告のブレイナーを吸収合併

永井美智子(編集部)2008年02月20日 23時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは、コンテンツ連動型広告を手がけるブレイナーを4月1日付けで吸収合併する。コンテンツ連動型広告事業を強化するのが狙いだ。

 ヤフーを存続会社とする現金交付型による吸収合併方式を採り、ブレイナーは4月1日付けで解散する。ブレイナーの株式1株につき230円を支払う。ブレイナーの発行済株式総数は511万6821株のため、評価額は11億7687万円となる。

 なお、ヤフーは2007年12月時点でブレイナーの株式41.7%を保有する筆頭株主だった。

 ヤフーは今後、Yahoo! JAPAN内だけでなく、提携サイトにもコンテンツ連動型広告を表示させる。個人や中小企業のサイトやブログにもブレイナーの技術を使って広告配信する考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加