logo

アドビ、3月に「Director 11」をリリースへ

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年02月19日 13時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeは3月にグラフィック開発ソフトの新バージョンである「Director 11」をリリースする。進化した3Dイメージングによってゲーム開発者を引きつけたい考えだ。

 Adobeは米国時間2月19日にサンフランシスコで開催されるゲーム開発者向けカンファレンスGame Developers Conference(GDC)でDirectorの最新機能について詳しく説明すると見られている。

 Director 11はゲーム開発のほかにグラフィックを豊富に使用したプレゼンテーションの作成や教材アプリケーションの開発に使用される。3Dグラフィックを描画するためにShockwaveプラグインを使用する。

 Directorの最新バージョンでは「Ageia PhysX」を使用した物理エンジン(物理シミュレーション機能)が搭載され、新しいグラフィックスカードを有効に活用できる「DirectX 9」もサポートする。

 デザイナーはレーシングゲームの自動車の衝突シーンなど、よりリアルな3D画像が作成できるようになると、Adobeのシニア・プロダクト・マーケティング・マネージャーであるRick Jones氏は述べる。「Flash Player 9」を搭載したことによって、ゲームメニューなどにアニメーションや滑らかなグラフィックスを入れることが可能になる。

 3月にリリースされるAdobe Director 11の価格は999ドル(現行バージョンは1199ドル)になる予定だ。アップグレード版は299ドル、新しいスチューデント版は99ドルで購入できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集