logo

M・ケイパー氏:3Dカメラが仮想世界のインターフェースを変革する - (page 2)

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、高森郁哉2008年02月18日 19時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オブジェクトのハンドルに手を伸ばし、オブジェクトをつかんで引っ張り出したり、伸ばしたり、形を変えたりできるようになれば、3Dの世界における編集方法は変わるだろう」とKapor氏は述べた。

 Kapor氏は、3Dカメラの有効性を実証するために、試作品をすでに開発しており、数カ月以内にそれを一連のビデオに収録してYouTubeで公開する計画だと述べた。

 まとめると、この3Dカメラは、Accelerating Studies Foundationが2007年に公開したMetaverse Roadmapのドキュメントに書かれている、拡張現実(augmented reality)を実現する要素の1つになり得るのかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]