logo

マピオン、地図上に自由にラクガキできる「地図ガキ」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーマップ・ジャパンは2月13日、同社が運営する地図情報検索サービス「マピオン」で、地図上に自由にラクガキできるサービス「地図ガキ」の提供を開始した。無料で利用できる。

 地図ガキは、地図をキャンバスに見立て、その上に自由にラクガキするというサービス。

 サイバーマップ・ジャパンでは、「『リアルな紙地図に近いツール』として、紙地図に近い味わい深さや便利さを感じてもらう一方で、ラクガキ行為自体の面白さも同時に楽しめるサービスを目指した」としている。

 落書きにはペン、図形、文字、消しゴム、ラインなどのツールを使うことができ、それぞれカラーや太さ、透明度などを細かく設定できる。

 キャンバスは、通常の「地図」と「白地図」を用意。待ち合わせ場所などを説明する場合は通常の地図、塗り絵やオリジナルな日本地図の作成などには白地図と、用途にあわせて選択できる。地図、白地図ともに自由に移動、拡大、縮小、回転することができ、好きな場所、角度で描くことができる。

 作成した地図ガキは、「みんなの地図ガキ」で公開することが可能。公開せずに、保存時に表示される専用URLを使って友達だけに教えることもできる。ブログへの貼り付け用コードも生成されるため、コピー&ペーストして自分のブログなどで作品を紹介することもできる。

 今後は、ユーザーからの意見を反映して、随時機能の追加・改善を行うほか、地図ガキを使った投稿コンテストの開催なども検討するとしている。

-PR-企画特集