logo

アッカ経営陣の刷新を求めるイー・アクセス、その狙いとは - (page 2)

永井美智子(編集部)2008年01月23日 19時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イー・アクセスに何ができるのか

 アッカ経営陣の総入れ替えを求めるイー・アクセスだが、仮にこの株主提案が通って経営陣がイー・アクセスの人間になった場合、どれだけのことができるのだろうか。

 ガン氏は「ほとんど変わらないビジネスをしているイー・アクセスとアッカの業績を比べると、イー・アクセスの営業利益率は約20%だが、アッカは約5%」と指摘し、経営を合理化することで利益率を高められると話す。

 イー・アクセスとの協業によってコストを下げる考えで、ネットワークの統合やバックオフィス部門の統合、営業協力、機器等の共同購入などが考えられるという。

 ただし新しい事業展開については、「まずキャッシュフローを改善した上、新事業をやりたい」(ガン氏)と述べるにとどめている。

 また、一部で報道のあったアッカの買収については、「今の時点ではまったく想定していない」(千本氏)とコメント。逆に、株価上昇後にアッカ株を売るつもりなのかという質問については、「そういうこともありうる」と言葉を濁した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]