logo

[レビュー]最小にして最高の音質--ソニーのヘッドホンみたいなスピーカー「PFR-V1」 - (page 4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
内容:ソニーからヘッドホンにしか見えない、とてもユニークな形のスピーカーが登場している。その名もパーソナルフィールドスピーカー「PFR-V1」。ヘッドホンサイズのコンパクトサイズの中に、臨場感や迫力を閉じこめた新しい形のスピーカーはどんなサウンドを奏でるのか?

個性的かつ独創的な“ハマる”スピーカー

 前述したようにPFR-V1の音質は、とてもとんがっており、いわゆるキャラが立っている。中高音重視で歯切れが良く、解像感の高いスピーカーを探すなら、まずこの製品を視聴することをオススメする。音漏れはするが、スピーカー径が小さいので、室内の独り聴きなら、ヘッドホンのような感覚で使える。

  • スピーカー径が小さいので、室内の独り聴きなら、ヘッドホンのような感覚で使える

 ただしボンボン響くような低音重視で、どちらかといえばマイルドな音質を求めたい人には向かない。重低音なら耳を覆う密閉型ヘッドホンやカナル型が選択肢だ。買うか買わないかの基準は、やや細い重低音に満足できるか、どうかだと筆者は感じた。

PFR-V1の実売価格は4万円台半ば。ヘッドホンと比べると高価だが、据え置き型のスピーカーで同等の音質を探そうと思うと、割安感がある。リスニングルーム無しでこれだけのサウンドを楽しめるならむしろ安いぐらいだろう。

 世の中、オーディオ機器に限らず凡庸な製品が多い中、PFR-V1は個性的で、独創的なサウンドを奏でる。視聴してハマったら、確実に欲しくなる中毒性のある製品だと感じた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]