ココアが運営する日本発の仮想世界「meet-me」、12月16日よりアルファ版サービス

岩本有平(編集部)2007年12月14日 17時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ココアは12月14日、仮想世界サービス「meet-me」のアルファ版サービスを12月16日15時より開始することを発表した。

 ココアはトランスコスモスとフロム・ソフトウェア、産業経済新聞社の3社が3月12日に設立した合弁会社だ。12月3日には伊藤忠商事やフジテレビジョン、みずほキャピタル、産業経済新聞社、クオラス、イオン、スクウェア・エニックスを割当先とした第三者割当増資を実施している。

meet-meのスクリーンショット 東京の街を仮想世界上で再現した「meet-me」のスクリーンショット

 同社が提供するmeet-meはインクリメントPが提供する実際の地図データを利用して、仮想世界の中に東京を再現した日本発の仮想世界サービスだ。ユーザーが仮想世界内でミニゲームなどを提供することで、アクティブでないユーザーに対しても利用を促す仕掛けを用意する。

 アルファ版サービスの利用には、まず公式ウェブサイトでのユーザー登録が必要となる。ユーザー登録後、ココアから招待形式でアカウントが発行されるので、そのアカウントを用いてマイページmeet-meのマイページにアクセスし、専用のクライアントをダウンロードして利用する。クライアントの利用に必要な環境や推奨するPCのスペックは以下のとおり。

  • 基本環境
    OS:Windows Vista、WindowsXP SP2以降(DirectX 9.0以上)
    回線:ADSLや光回線などのブロードバンド環境
    HDD:2Gバイトの空き容量
  • 推奨PCスペック
    CPU:Intel Core2Duo T5500(1.66GHz)
    RAM:2Gバイト(DDR2-533)
    GPU:GeForce7600GTクラス
    VRAM:256Mバイト
    画面解像度:WXGA(1280x768)

 またココアでは、大学や大学のゼミ、部活動といった公認組織に対して、meet-me上で当該大学のキャンパスがある土地を無償開放して仮想世界サービス内での活動を支援する「アカデミックアライアンスプログラム」を提供する。同プログラムは17日から受付を開始する。詳細についてはココアのウェブサイト上にて公開するとしている。

 同社ではアルファ版サービス開始後、順次参加人数や機能、地域を拡大し、2008年春に主要機能を実装したバージョンを一般公開する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加