シンク、市販USBメモリを専用キーに使えるソフトの不正利用防止ツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シンク(上野文彦社長)は、市販のUSBメモリを使用してソフトの不正利用 を防止するソフトウェア開発キット「USBどんぐりこ」を発売した。

 ソフトのコピー利用を防ぐためのソフトベンダー向け開発キット。ライセン スを保護したいソフトに専用のコピー防御プログラムを組み込み、ライセンス を購入していないユーザーは利用不可能にする。ソフトの利用者は、正規のユー ザーであることを証明したプログラムの入ったUSBメモリを挿し込むことで、 ソフトが利用できる仕組み。

 製品構成は、ソフトとUSBメモリに組み込む各プログラムで構成。USBメモリ は、専用製品は必要なく市販のUSBフラッシュメモリを活用できため、安価に 導入が可能という。価格は21万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加