アメブロ、クチコミ促進サービス「AmebaPR」を活用した広告商品を講談社と共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは10月11日、同社が運営するブログサービス「Ameba(アメーバブログ)」が、講談社と共同で、クチコミ促進サービス「AmebaPR」を活用した広告商品「K×A クロスメディアパッケージ」を開発したと発表した。

 AmebaPRは、約200万人のアメーバブログ会員を対象に、ブログ記事執筆の題材として、ブログ管理画面上にプロモーションしたい商品やサービスに関しての情報を発信することができるサービス。

 PRを行いたい商品やサービスの特性に合わせて依頼するブロガーを選ぶことができるため、特定のターゲットへのピンポイントなクチコミPRを行うことができるとしている。

 K×A クロスメディアパッケージは、クライアント企業がAmebaPRを活用して生まれたクチコミを、講談社が発行する雑誌に編集タイアップ記事として掲載する広告商品。ウェブ上でのクチコミ創出と、雑誌でのさらなる派生という、特性の異なる媒体を連動させた広告が展開できる。

 第1弾として、KDDIがクライアントとして決定し、AmebaPRでのクチコミネタ配信と、雑誌「KING」12月号・1月号と「ViVi」1月号での掲載を予定している。

 アメーバブログでは、今後も講談社と積極的にウェブと雑誌を連動させた広告商品の開発を進めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加