MSN、時間単位でビデオ広告を表示

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年09月27日 12時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、時間単位でビデオ広告を同社ウェブサイトで表示させるという。

 MSNでは今後、最初のビデオを再生する前に広告が表示され、その後3分おきに別の広告が表示されるようになる。広告はビデオプレーヤー内だけでなく、ポップアップ広告のような拡張画面にも表示される。

 今回のような試みとは別に、GoogleのYouTubeは8月、10秒間画面下部にオーバレイ形式で表示される広告のテストを開始している。

 両社は、ユーザーに嫌われないよう広告を表示させる方法を模索している。多くのGoogleユーザーは、オーバレイ広告について目障りだと不平を述べている。

 Googleと異なりMicrosoftは、いわゆるプリロール形式での提供を継続するが、同形式の評判はユーザーや広告専門家らの間では良くない。多くの調査から、ビデオの前に広告を見る必要があるサイトをユーザーは敬遠する傾向にあることが分かっている。そして、多くのサイトで採用されている15秒広告の代わりに、Microsoft は、30秒スポットを選択している。

 広告は、Microsoftのビデオ共有サイト「Soapbox」でも表示される予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加