logo

ソニー・コンピュータエンタテインメント、DUALSHOCK復活!

渡邉和歳(編集部)2007年09月20日 22時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のソニーブースの見所と言えば、なんといっても周辺機器に絡めた出展物。とくに一番の注目株は、本日電撃発表された振動機能付きPS3用コントローラ“DUALSHOCK3”であろう。

DUALSHOCK3試遊コーナー 振動機能がめでたく復活。ユーザーにはいたって好感触の様子だった。

 今回発表されたDUALSHOCK3は、PS3用ワイヤレスコントローラ“SIXAXIS”の機能はそのままに、振動機能を搭載したもの。去年のPS3発売時には、6軸検出システムが振動を誤検知してしまうので振動機能の搭載を見送ったとのことであったが、そのあたりの技術的な問題も解決したのであろう。また、振動コントローラについては、米Immersionから特許侵害の訴訟を起こされていたが、ちょうど今年の春には和解も成立したことで、DUALSHOCK3としては最高の門出となったといえる。
 価格は未定だが、発売日は2007年11月に発売予定となっていた。現在発表されている対応タイトルは26タイトル(日本発売のタイトルのみ)。だが、SCEJによれば、すでに発売しているソフトも対応させていくという話だ。

 また、本日9月20日に正式発売となった新型プレイステーション・ポータブルも来場者の注目をかなり集めていた。ゲームショウで初めて新型を持った人も多いようで、みな感嘆の声をあげていたのが印象的だった。やはり、あの軽さはユーザーにとって喜ばしい変更点であったようだ。

 ほかには、新型PSPに対応したワンセグチューナーのコーナーで足を止める人が多かった。実際に視聴してみたところ、アンテナの感度や画像処理に関してはかなり良好で、携帯電話などに付属しているワンセグチューナーよりも1ランクレベルが高い印象である。こちらもすでに本日発売している。興味がある人は、まずゲームショウで実機を確認してみてから購入するのも悪くないだろう。

新型PSP 新型PSP対応ワンセグチューナー
新型PSPはテレビに出力することも可能。ブースでは、実際に出力したものを確認できる。 新型PSP対応ワンセグチューナー。旧型のPSPには対応していないので注意すること。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]