BIGLOBE、東映アニメ作品約1000話が見放題の定額制映像配信サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECビッグローブと東映アニメーションは9月4日、定額制の映像配信サービス「東映アニメBBプレミアム・見放題プラン」を開始した。

 東映アニメBBプレミアム・見放題プランは、東映アニメーションが所有する過去の名作アニメが月額1554円の定額利用料で楽しめる映像配信サービス。毎月15作品、約1000話(約2万4000分)の映像が視聴できる。

 すでに展開中の件数課金型の映像配信サービス「東映アニメBBプレミアム」と並行し、定額制と従量制の両方のニーズに合わせてサービスを展開していくとしている。

 9月の配信作品は、「北斗の拳」「銀河鉄道999」「美少女戦士セーラームーン」「ビックリマン」「バビル2世」「魔女っ子メグちゃん」「一休さん」「おジャ魔女どれみ」「デジモンアドベンチャー」「とんがり帽子のメモル」「ゲゲゲの鬼太郎(第3作目)」「惑星ロボ ダンガードA」「ひみつのアッコちゃん(第1作目)」「マグネロボ・ガ・キーン」「宇宙海賊キャプテンハーロック」となっている。配信作品は、毎月2作品を更新する予定だという。

 また、NECビッグローブでは、今回のサービス開始を記念して、9月分の利用料が無料になるキャンペーンを実施するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加