logo

AMD、x86拡張命令セット「SSE5」を発表--ゲームやマルチメディアアプリを高速化

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年08月31日 13時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AMDがソフトウェア開発者に、今後のゲームアプリケーションやメディアアプリケーション開発において、同社の新しいx86命令への対応を検討するよう呼びかけている。

 IntelとAMDは、次世代アプリケーションのパフォーマンスを先取りする新命令を、各x86命令セットに追加し続けている。Intelが2007年中に「Penryn」プロセッサで拡張命令セット「SSE4」をリリースする計画で、AMDが「Fusion」プロセッサのリリース前後に合わせ、拡張命令セット「SSE5」の追加を計画している。

 SSE5には、約50の新命令が追加され、ソフトウェア開発者にとって次世代アプリケーションを設計する手段が増えることになる。詳細な情報はAMDの開発者向けウェブサイトに掲載されているが、詳細情報に目を通す前にコンピュータサイエンスの講義をいくつか受講しておくことをお勧めする。

 IntelとAMDは、両社プロセッサ間でソフトウェアの互換性を確保するため、x86アーキテクチャについて広範囲にわたるクロスライセンス契約を結んでいる。このため、将来的には、両社ともSSE4とSSE5の両方をプロセッサに採用することになりそうである。ただし、プロセッサのリリース前から技術を共有する必要はないので、新プロセッサリリース直後には両社とも、対応ソフトウェアの実行時にパフォーマンス上の優位性を得ることができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集