logo

IEEE 802.11nドラフト2.0に対応した300Mbpsの無線LAN--バッファロー「WZR-AMPG300NH」 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バッファロー
WZR-AMPG300NH
内容:バッファローから、300Mbpsの無線LANルータ「WZR-AMPG300NH」が登場した。ほかの無線LANルータに比べて高価な部類に入るが、新しい高速なIEEE 802.11nドラフト2.0に対応している。さらに、300Mbpsの無線LANを活かすため、有線LAN側のインターフェースもギガビットイーサネット採用していることも特長だ。

クライアントも対応が必要

 現在、IEEE 802.11nドラフトの規格に対応する無線LANを内蔵しているノートPCは非常に少ない。一部メーカーの最新モデルのみといった状態だ。その上、電波状態をよりよくする3本のアンテナを内蔵しているモデルとなると、さらに限られてくる。

 しかも、無線LANアクセスポイントとセットの無線LANカードに比べ、互換性という面でも大幅にハンデがある。そもそも、IEEE 802.11nはドラフトであり、そのドラフトにも1.0と2.0が存在する。そういう状態であるから、現時点で十分な互換性を期待するのは難しい。

 筆者の手元あるThinkPad X61はインテルの最新無線LANモジュール、インテルWireless WiFi Link 4965AGNを内蔵するが、現在、300Mbpsモードでは接続できない。144Mbpsモードでは使えるものの、規格をフルに活用できない状態なのだ。

 とはいえ、付属の無線LANカードを使う場合は、無線LANカードの出っ張りが大きく、ノートPCの携帯性が少し失われてしまう。また、PCに搭載している無線LANの接続ソフトが利用できなくなってしまう問題もある。もっとも300Mbps通信ができるアクセスポイントは少なく、自宅のみ対応という状況では、無線LANカードは持ち歩かず、自宅にいるときのみ使用するという使い方もありだろう。

  • 無線LANカードはPCカードタイプ。外部アンテナは非サポート

  • ノートPCに装着すると、これだけ出っ張ってしまう

  • ノートPC内蔵のインテルWireless WiFi Link 4965AGNでは144Mbpsモードで接続できる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]