logo

Appleの話題はMusic Storeのみならず。最新OS、MacOS X Tiger - (page 4)

五十嵐啓人(CNET Japan Staff)2005年08月05日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Apple
内容:Intelチップの採用、そして本日の日本でのiTunes Music Storeのスタートなど、ハードウェアや新サービスの話題の尽きないアップル界隈であるが、それを横目で眺めつつ「ソフトウェアとしてのMac」の進化にこそAppleの真骨頂を感じている人も多いだろう。最新MacOS 10.4、「Tiger」の長期使用レビューをお伝えする。

SafariでWebサイトの表と裏を行き来する

アドレスボタン右のRSSのバッジをクリックすると一瞬で、RSS表示とWeb表示が切り替わる (クリックすると拡大できます

RSSを表示するスクリーンセーバーも付属。編集部内の根っからのMacファンは、先日Mac miniを購入するまでこのスクリーンセーバーみたさに「毎週電気屋に出かけていった」そうだ。 (クリックすると拡大できます

 Windowsユーザーにはなじみが薄いかもしれないが、現在では事実上のMacOS標準ブラウザとなりつつある、アップル謹製のWebブラウザSafariもVersion 1.3から2.0にメジャーアップデートを果たした。体感のレンダリングスピードも以前のバージョンより大幅に向上し、それに加えいくつかの新機能が追加された。

 今回のSafariの目玉となる新機能はやはりRSSへの対応だ。ライバルのFirefoxをはじめとして、MicrosoftのIEまでもRSS対応が噂され、猫もしゃくしもRSSといった感があるが、ついにSafariでもRSS読み込み機能が実装された。だが、その実装の仕方はSafariらしい独自の実装方法だ。

 Safariでは、RSSに対応しているWebサイトではアドレスバーの横に「RSS」のアイコンが表示され、これをクリックすることでRSSを表示する画面に移行し、もう一度押すことでもとのWebの画面に戻る。まさにサイトの表と裏を瞬時に行き来するような感覚だ。エフェクト付きの切り替えは非常にクールかつ、スピーディで、今までのブラウザ付属のRSSリーダーのような無骨さはない。表示のスタイルもRSSを読み込み、スタイルシートでレンダリングしているだけなのだが、中途半端なデザインを行ったサイトよりよほど美しく、また整然としている。

 なお、ほかにも今回のSafariではWebページのアーカイブ保存が付き、表示しているページを画像ごと保存することが可能になった。今までもSafariのAPI部分を担当するWebkitではアーカイブ保存機能がサポートされていたため、有志制作のプラグインソフトを導入することで利用できたが、今回からSafariでも標準機能としてサポートされた。ただ、惜しむらくはSafariでしか開けないファイル構造で保存されてしまうため、Windowsなどと両刀使いの筆者にとっては使用機会が限定されてしまうのが、やむをえないこととはいえ残念だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]