logo

メンバーズ、バナー広告から直接電話につながる「フォンバナー」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メンバーズは7月5日、アフィリエイトネットワークサービス「メンバーズMリンク」に、「フォンバナー」機能を付加したサービスを、7月6日から提供すると発表した。

 フォンバナーは、バナーをクリックすると、広告主のコールセンターなどへ、直接電話をかけることができるシステム。リンクとエムトゥエックスが共同で運営する「BIZTELウェブ電話」のサービスをベースとしている。

 ユーザーはウェブサイト上のボタンをクリックするだけで、無料通話が可能。通話方法には「コールバックおよびコールバック予約」と「ダイレクトコール」の2種類から選べ、どちらもユーザーに通話料が発生しない仕組みとなっている。

 メンバーズMリンクは、広告主独自のアフィリエイトネットワークの構築・運用代行サービスで、アフィリエイトネットワークの運営に必要な管理システムの提供や、登録するアフィリエイトサイトへの成果報酬の支払い代行などを提供。5月現在、71の広告主と契約し、41のアフィリエイトを運用している。

 メンバーズによると、アフィリエイト広告の成果対象である「資料請求」や「申込」を、サイト上の入力フォームに設けた場合、情報を入力する煩わしさから、ユーザーがサイトを離脱するケースが多という。

 メンバーズMリンクへのフォンナンバー導入により、今まで情報入力ページでサイトを離脱していたユーザーに対し、電話で問い合わせできる機会を提供。コールセンターを保持する広告主にとっては、既存のコールセンターをインフラとした、より一層の集客構造が構築できるとしている。

 また、メンバーズMリンクのアフィリエイターに対しては、電話による問合せを成果とする「着信課金型サービスモデル(ペイパーコール)」に加え、電話からの「資料請求」や「申込」についても、成果対象に加えられる仕組みを実装している。

-PR-企画特集