logo

逃した見込み顧客を取り戻せ--サイバーエージェント、リターゲティング広告を開始

永井美智子(編集部)2007年05月29日 06時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは5月29日、ウェブサイトを訪れたけれども成約に至らなかった見込み客に対して再びアプローチできる広告ツール「MicroAd Retargeting(マイクロアド リターゲティング)」の提供を開始する。

 同社の広告ネットワーク「MicroAd」を利用して広告を配信する。具体的にはまず、広告主のサイトを訪れたユーザーに対してCookieを付与する。そのユーザーが広告主で商品を購入するなどの行動を取らず、MicroAdに加盟している別のサイトを訪れた場合、「いまなら送料無料」といった広告を掲載し、再び広告主のサイトへの誘導を図る。

 このように、企業サイトを訪問した際のユーザーの行動履歴を利用して、別のサイトを訪れた場合に広告を表示し、企業サイトに再来訪を促す手法は「リターゲティング広告」と呼ばれている。日本ではデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)がアイメディアドライブと共同で「行動ターゲティング by クライアント」というサービスを2月より提供している。

 サイバーエージェントの場合、自社が運営する広告ネットワーク「MicroAd」を利用する点が特徴だ。MicroAdはブログなどのサイトで、コンテンツの内容に近い広告を自動配信するサービス。楽天ブログやgooブログなどに掲載されており、加盟サイトの月間ユニークユーザー数の合計は1000万人にのぼるという。

 また、ユーザーの行動を分析する経路分析ツールも合わせて提供する。企業サイトの訪問者数や流入経路、離脱人数などを計測できるようにし、どのようなユーザーにアプローチしたらよいかを企業が分析、判断できるようにする。将来的には、行動履歴を元にユーザーの好みなどを推測できるようにする機能も追加する考えだ。

 サイバーエージェントはMicroAd Retargetingを代理店およびオンライン上で販売していく。販売店経由の場合、行動履歴を把握するユーザー数が10万人で118万1250円から(90日契約)。オンラインの場合、同3300ユーザーで3万1500円から(90日契約)となる。また、経路分析ツールは無料で提供する。2007年中に1万社の導入を目指す。

MicroAd Retargeting MicroAd Retargetingの画面。どの階層にどこから来たユーザーをターゲットするかをグラフを使って選択できる

-PR-企画特集