logo

サイバートラスト、認証局アウトソーシングサービス新版を提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバートラストは、同社の認証局アウトソーシングサービスの新版「サイバートラスト マネージドPKI 2.0」の提供を6月1日から開始する。

 新版では、サービスと企業システムを連携させるAPIを標準サービスとして提供する。APIを標準サービスとして提供し、軽量で実装が容易なREST(Representational State Transfer)を採用することで、短期間でのシステム連携ができるようになるとしている。

 また、ハッシュアルゴリズム「SHA-2」、Windows Vista、およびFOMA 903iシリーズに新たに対応する。

 同サービスが903iシリーズに対応することで、標準で提供する携帯電話向け証明書ダウンロードページから、クライアント証明書を携帯電話に直接、ダウンロードすることが可能になる。ユーザー企業でカスタマイズや追加投資は必要ないとしている。なお、現時点での対応機種は、F903i、F903iX HIGH-SPEED、D903i、D903iTVの4機種。

-PR-企画特集