logo

ポケットの中のハイビジョンカメラ--SANYO「Xacti DMX-HD2」 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三洋電機
内容:デジタルカメラが世に出て間もない頃から、三洋電機は「動画デジカメ」という静止画と動画を一台のカメラで撮影する事ができるユニークなデジカメを発売してきた。その「動画デジカメ」一号機である「DVC-V100」に搭載されたCCDは35万画素、動画記録サイズは320x240ピクセル,10fpsという、今からするとオモチャのような画質であった。だがその当時、「動画デジカメ」というコンセプトはとても画期的であり、そのキビキビとした操作感とともに隠れたファンを持つデジカメであったのである。その「動画デジカメ」は着実に進

コンパクトボディに詰め込まれた高解像度

 「DMX-HD2」では前機「DMX-HD1A」同様に複数の撮影モードとシーンセレクトが用意されている。撮影モードはプログラム、シャッター速度優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出の4モード。シーンセレクトはスポーツ、ポートレート、風景、夜景ポートレート、花火、ランプ、そして平均的な設定となるオートの7モードとなる。またデジタルフィルタもコスメ、モノクロ、セピアの三種類が用意されている。これらの設定は静止画撮影だけでなく動画撮影時にも適用される。尚、動画撮影時における露出補正はRECボタンを押して録画スタートする前に設定すると補正された明るさで撮影することが可能だ。

  • 画質7M-H,プログラム露出,ISO50(オート),F4.6,1/320s,AWB,風景モード

  • 画質7M-H,プログラム露出,ISO50(オート),F4.5,1/240s,AWB,シーンセレクトオート,マクロ撮影

  • 画質7M-H,絞り優先AE+0.6EV,ISO79(オート),F4.5,1/240s,AWB,シーンセレクトオート,マクロ撮影

  • 画質7M-H,絞り優先AE-0.1EV,ISO50(オート),F8.2,1/280s,AWB,シーンセレクトオート

  • 画質5.3M(16:9),プログラム露出,ISO50(オート),F5.6,1/370s,AWB,風景モード

  • 画質10M,プログラム露出,ISO50(オート),F3.7,1/310s,AWB,マクロ撮影

  • モニターユニットを開いた本体部分に電源「ON/OFF」「HD/NORM」切り替え、「High Sensitivity」ボタンが配置されている

 前機種から大きく変わった点としてあげられることは、「DMX-HD1A」では約510万画素だったCCDが「DMX-HD2」では約710万画素となったことだ。それにより静止画画質も「DMX-HD1A」の5M-H(2592x1944pixel)から7M-H(3072x2304pixel)へと向上した。尚、10M(3680x2760pixel)モードも用意されているが、これは7M-Hから10Mへとピクセルを補完することで生成している。したがって7M-Hが最高画質だと考えてよいだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]