アクセンチュア、オープンソースプロジェクト「Spring Batch」に参画

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年05月09日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンサルティング企業Accentureは米国時間5月8日、「Spring」ベースのバッチ処理に関するオープンソースプロジェクトにコードを提供したと発表した。

 JavaOneでプロジェクトを発表したAccentureによると、「Spring Batch」というソフトウェアは、Javaプログラマーがより迅速にバッチアプリケーションを記述できるようにするものだという。

 同プロジェクトは、ウェブサイト「Spring Framework」でホスティングされ、最初のコードは数週間のうちにリリースされる予定となっている。

 Springフレームワークをサポートし開発するInterface21も、プロジェクトに取り組んでいる。

 Spring Frameworkの創設者でInterface21の最高経営責任者(CEO)であるRod Johnson氏は声明で、「Interface21の技術的蓄積と、Springの実証済みのプログラミングモデルに、Accentureのシステム統合に関する広範囲な経験が組み合わされれば、エンタープライズJavaの重大なギャップを埋める強力な提携となるだろう」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加