logo

「ライコス」が国内で復活--動画共有サービスを近く本格展開か

島田昇(編集部)2007年03月15日 20時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポータル(玄関)サイトとして展開していた「LYCOS」が近く、日本に再上陸することが、3月15日までに分かった。現在、同サイトは動画共有サービスを軸としたコミュニティーサイトとしてテスト展開している。

 すでにベータ版として公開されている「LYCOS clip」(ライコスクリップ)は、「動画」「写真」「ブログ」「検索」──の大きく4カテゴリのサービスで構成されている。特に、動画共有サービスを強みとして押し出しているようだ。

LYCOSのTOP 動画共有サービスとして日本に再上陸する「LYCOS」

 サイト内にはバナー広告枠や映画のプロモーション映像などがあることから、本サービス開始時にはこれら広告を中心とした収益モデルで展開すると見られる。

 運営会社のタオンはコミュニケーションサイト「Cafesta」(カフェスタ)の運営などを手がけており、主要株主はKDDIと韓国で大手コミュニティーサイトを運営するDaum Communications。Daumは米Lycosの親会社にあたることから、Daumが持つLycosブランドを生かして国内展開し、Daumと米Lycosのコンテンツをローカライズしつつ、日本独自のサービスを打ち出していくものと見られる。

 関係筋によると、タオンは近く「ライコスジャパン」に社名変更する模様だ。

 Lycosブランドは住友商事とTerra Lycosの合弁会社、ライコスジャパンが運営するサイト「Lycos Japan」として1998年にサービスを開始。その後、2002年12月に楽天がライコスジャパンを買収し、2003年9月には「infoseek」を運営するインフォシークとともに楽天へ吸収統合された。統合後はinfoseekのブランドに統一されたため、Lycosは法人およびサービスが国内から姿を消した状況だった。

-PR-企画特集