logo

FAQ:MSに対する高額な支払い命令の背景--MP3技術の特許裁判 - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年02月26日 16時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--Alcatel-Lucentは今後、MP3技術を製品に使用している他の企業を追及するか。

 Bromberg氏は、「私がMP3製品に関連した企業だったら、間違いなく不安を感じるだろう」と語る。この点について、22日にAlcatel-Lucentに問い合わせたが、同社の関係者はコメントを控えた。

 「Alcatel-Lucentは別の戦略を取る可能性もある」と語るのは、Finnegan Henderson Farabow Garrett & Dunner法律事務所のパートナーであるRobert Yoches氏だ。仮に他社を提訴したとしても、今回Microsoftが支払いを命じられた賠償額ほどの賠償金を獲得できる可能性は低いとAlcatel-Lucentが判断したとしたら、同社は他社を提訴しない可能性もある。なぜなら、その裁判で特許そのものが無効とされる恐れがあるからだ、とYoches氏は指摘する。

 一方、他社を提訴することにより、さらに多くの賠償金を獲得できるとAlcatel-Lucentが判断した場合には、今回、裁判所がMicrosoftに命じた賠償額よりもやや低い金額で同社と和解し、その後、他社を追及する可能性がある。

 「15億ドルも手にしたら、さらに多くの賠償金を獲得する方法を考え出すものだ」(Yoches氏)

--MP3プレーヤーの所有者が法的責任を問われる可能性はあるか。

 理論的にはありうる。しかし、その可能性は極めて低い。Alcatel-LucentがMP3プレーヤーの購入者を提訴する可能性よりも、同プレーヤーの製造元企業を提訴する可能性の方がはるかに高い。

 この点についてBromberg氏は、「特許権保有者が小売客を提訴することはまずありえない」とし、その理由として「顧客への販売により、特許権者の価値が創造されるからだ」と語った。

--MP3開発でAlcatel-Lucentが果たした役割は。

 MP3技術の大部分は、独FraunhoferとAT&TのBell Labsの従業員らによって開発された。Bell Labsは1996年にAT&Tから分離独立した後にLucentの一部となった。2006年にAlcatelとLucentが合併し、Alcatel-Lucentとなった。

--MicrosoftはFraunhoferからMP3技術のライセンスを取得済みだったのではないか。

 MicrosoftはFraunhoferに1600万ドルを支払ってMP3関連特許のライセンスを取得した。しかし、Alcatel-Lucentは、同社が保有する特許技術とMicrosoftがFraunhoferからライセンスを受けた技術とは異なると主張している。この点について、Microsoftは異議を唱えている。

--なぜ今回の損害賠償金は、MicrosoftがFraunhoferに支払った額よりも大きいのか?

 確かに金額の差は大きいが、Bromberg氏によると、前例がないというわけではないという。「特許所有者がライセンス契約を介して前面に立ってやろうとしていることと、被告側が『料金を支払うつもりはない』と言った場合に回収できることの間には、大きな隔たりがある場合がある。そのため、特許所有者は訴訟プロセスにもっていかなければならない」(Bromberg氏)

 Bromberg氏は例として、Research In Motion(RIM)とNTPの訴訟事例を挙げた。ここでは、RIMが当初和解しようと持ちかけられたのを無視したために、最終的に6億1200万ドルの和解金支払いを命じられている。

--MP3技術をライセンスしている企業は?

 MP3を利用している企業はたくさんある。有名なところとして、Apple、Yahoo、IntelやTexas Instruments(TI)などの半導体メーカー、Thomsonなど。Appleは、「iPod」端末と「iTunes」ソフトウェアでMP3をサポートしており、Yahooもオンライン音楽サービスで利用している。IntelとTIもライセンスしているし、Fraunhofer技術のライセンスを管理しているThomsonも、複数の企業にMP3をライセンスしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]