logo

スタイリッシュなワンセグチューナー--ロジテック「LDT-1S200U」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロジテック
内容:ロジテックの「LDT-1S200U」は、同社としては2代目に当たるUSBワンセグチューナーだ。2月にはVistaに対応した。大柄でずんぐりした筐体を採用していた前モデル「LDT-1S100U」に比べると、スクエアな筐体を採用するなどスタイリッシュな印象だ。

アンテナが収納できるスタイリッシュな筐体。2WAYクリップが付属

  • 製品本体。シルバーとブルーのツートンカラーで、スクエアな形状

 本体はシルバーで、LED部分のスリットがブルー。スクエアな筐体とあいまって、なかなかスタイリッシュな印象だ。筐体サイズはやや幅広に見えるが、ロッドアンテナが完全に内蔵される仕様になっており、持ち運ぶことを考えると非常に便利である。もっとも、そのぶん見た目のサイズが大きく見られてしまうわけで、見かけで損をしている印象は否めない。

 USBコネクタはキャップで覆う構造になっている。本体・キャップともにストラップホールはなく、キャップを後部に取り付けられるギミックもない。利用の際はキャップをなくさないように十分な配慮が必要だ。ちなみにUSBコネクタは中央からやや右寄りにずらしてレイアウトされており、隣にUSBポートがある場合でも干渉しにくいよう工夫されている。

 本製品には、延長ケーブルのついたクリップ一体型の2WAYスタンドが付属する。クリップとして利用する場合は、ノートPCの上蓋などに取り付けることができる。クリップとして使わない場合はスタンドとして立てることもできるのだが、安定性はイマイチ。事実上クリップ専用と見たほうがいいだろう。もっとも前モデルはクリップは付属していなかったわけで、ユーザーニーズに合わせて細かい改良を加えてきたことは評価できる。

  • LDT-1S200U(中)を、グリーンハウスw-one(上)、アイオーSEG CLIP(下)と比較したところ。全長はやや長め

  • アンテナを伸ばしたところ。キャップにはストラップホールなどがないため、紛失には要注意

  • USBコネクタはやや右寄りにレイアウトされており、隣接コネクタを塞がないように工夫されている

  • アンテナは本体に完全に収納可能。アンテナの左側には用途不明な拡張コネクタが用意されている

  • ノートPCに接続したところ。全長が10cm弱と長く、安定感に欠ける

  • 2WAYクリップを用いてノートPCの上蓋に装着したところ

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集