logo

デザインから見るデジタルプロダクツ--第4回:NEC「LaVie GタイプJ」ノートPC

インタビュー・文:木村早苗2007年02月06日 22時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耐荷重や衝撃に強い、堅牢型のモバイルPCは、人気ジャンルの1つだ。しかしHDDやドライブといった内部構造は守られても、持ち運ぶことによって生じる“キズ”までは守ることができなかった。では、キズまで守ってくれるPCがあったら? という発想から誕生したのが「スクラッチリペア塗装」を施した「LaVie G タイプJ」だ。キズが自動的に復元できる、という今までにない機能をデザインに盛り込んだノートPC。そんな新生モデルを作り出したNECに、機能とデザインの関係を聞いた。

持ち運び、自宅ユース、PCのカラバリはより充実していく

島貫正治氏 NECパーソナルプロダクツ株式会社
PC事業本部 商品企画本部
コンシューマPC商品企画部 主任
島貫正治氏

--以前に比べて、グっとカラフルかつスタイリッシュになったノートPCですが、最近のカラートレンドってあるのでしょうか。

島貫 昔はOA機器という位置づけでしたから、カラーはオフホワイトがメインでした。その後シルバーや黒のモデルが増え、ここ1~2年は、ピュアホワイトやカラフルなタイプが増えていますね。

--カラーバリエーションが増えていますが、その中でも人気色というのは。

島貫 やはり幅広いシーンで使える無難な色が人気がありますね。ただ、私どものネットショップ「NEC Direct」では、ネットショップ限定カラーなども販売しているのですが、そういった個性的なカラーも、最近は人気を集めています。自分らしさが表現できるという面から選ばれているようです。


田中映子氏 日本電気株式会社
パーソナルソリューション
事業部 主任
田中映子氏

田中 今は、シックなモノトーン系、デジタルギア色の強い物など、デザインコンセプトに併せたカラー展開を各社とも考えている最中だと思うんですよ。NEC Directで言えば、これまでもっとも人に見られる機会の多い、モバイルPCにのみカラー展開をしていました。が、昨年秋からは据え置きユースが中心となる、A4スタンダード機種でもカラー展開を始めたんです。

--A4サイズですと、自宅用モデルになると思いますが、モバイルPCに比べ、人気色は異なりますか?

田中 モバイルPCの時には“カラフル”で個性的なカラーが人気でしたが、A4スタンダード機種では、部屋でも邪魔にならず、家具やインテリアにマッチした色が好まれますね。また、選ばれる機種のタイプによっても傾向があるようで、高性能モデルだとブラウンなどのシックな色、スタンダードモデルだとホワイトやブルー、グリーンなどさわやかな色が好まれているようです。


LaVieGタイプJ

-PR-企画特集