CCI、クリックして再生される動画広告配信システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は1月30日、「Click To Play」方式による動画広告配信システムを開発したと発表した。

 Click To Play方式とは、ユーザーが興味を持ってクリックすることで初めて動画広告が再生されるシステム。動画再生中や再生後にクリックすることで、広告主サイトへの誘導も可能になるという。Click To Play方式を活用したソリューションを提供することで、さまざまなニーズに応える動画広告商品を開発できるとしている。

 また、CCIの子会社であるクライテリア・コミュニケーションズ(旧・インビジブルハンド)が運用している広告ネットワーク「ADJUSTネットワーク」にもClick To Play方式を導入し、動画広告スペースを設ける。これにより、テレビ放送のCMのようなネットワーク型インターネット動画広告の配信を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加