2006年のSEO国内市場規模は約80億円--アウンコンサルティング調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アウンコンサルティングは1月22日、SEOに関する市場規模の試算を発表した。

 これによると、2006年のSEO市場規模は、昨年予測を上回る79億7000万円で、前年比24%の成長となった。内訳は、ウェブサイトの構造的問題の洗い出しや改善提案等、SEO業務を外部の専門業者に委託する「アウトソーシング」が前年比38%成長の16億5000万円、SEO業務を企業内で完結させる「インハウス」が前年比19%成長の49億7000万円、外部業者が製作したソフトウェアを自社ウェブサイトに適用して対策を行う「ツール」が前年比28%成長の13億6000万円となっている。

 また、今後のSEO市場規模は、2008年に100億円を突破し、2010年には121億円規模へと成長すると試算。アウトソーシングのカテゴリでは、今後も大手企業を中心にSEOの新規導入と継続的な外部発注が一定程度進み、2008年まで10%前後の成長が続くと予測する。また、中小規模の企業においても積極的なSEO対策へのニーズは今後も拡大し、特に利便性に加えて一定の精度の高まりも見せつつあるツールのカテゴリにおいては、2010年頃まで年間10%の成長が継続すると見ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加