logo

電通子会社、米ネット広告大手と提携

ニューズフロント2007年01月17日 23時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通のデジタルコンテンツ制作子会社デジタルパレットは、 米国のネット広告大手Avenue A | Razorfishと業務資本提携し、 2月1日をめどに社名を「株式会社 電通 アベニューA レイザーフィッシュ」に変更する。電通などが1月16日に明らかにしたもの。

 デジタルパレットが、Avenue A社の親会社である米aQuantiveが全額出資するホールディング会社を引受先として、第三者割当増資を実施する。

 デジタルパレットは最近、インターネットなどを中心とするマーケティング・サービスの需要拡大に向け、 営業機能や媒体機能を自社内に持つ広告事業の開始を検討していた。今回はAvenue A社が日本拠点として機能する企業を探していることから、目的の合致をみて資本業務提携を決めたという。

 両社では、共同研修によるノウハウの共有などを通じて業務関係を構築する。またAvenue A社は、デジタルパレットを日本拠点として積極的に利用していくという。このほか電通は、グループ全体でデジタルパレットの広告事業を支援し、クライアントサービスの品質向上への寄与を期待するとしている。

-PR-企画特集