logo

iPod nanoとNikeシューズで最速の男をめざせ!?--「Nike+iPod Sport Kit」 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Apple
Nike + iPod Sport Kit
内容:Nike+iPod Sport Kitは、iPod nano用のアタッチメントと、Nike+対応スポーツシューズに取り付けるセンサーのセットだ。それぞれiPod nano、シューズに取り付けることでPCにランニングデータを取り出したり、iPod nanoからユーザーにランニング中の情報を音声で教えてくれたりする。今回は、このNike+iPod Sport Kitを、Nike+対応シューズAir Zoom Moireとの組みあわせで試してみた。

ランニング、iPodが声で案内をしてくれる

 さて、準備さえ終われば、後は楽しみの時間だ。

 Nike+iPod Sport Kitは、ランニング、ウォーキングを楽しみに変えてくれる。このキットを使うと、走ることが本当に楽しくなるのだ。

 このNike+iPod Sport Kitを使ってできることとしては、音楽を聴き、
 ・走った記録をiPodに転送できる
他に、
 ・あらかじめ目標を決めて走りアドバイスをもらう
ことができる。

iPodの「Nike+iPod」メニューを選ぶと、「ワークアウト」というメニューを選ぶことができる。ここには、
 ・基本
 ・タイム
 ・距離
 ・カロリー
というメニューがあるのだが、基本が、単純に走ったデータをiPod nanoに転送するモードだ。他のタイム、距離、カロリーではそれぞれ、何分、何キロ(マイル)走るか、走って何カロリー消費したいかと設定し、それに合わせて走ることができる。

 たとえば、カロリーモードで200カロリーを選べば、約200キロカロリー分を走って体の中のエネルギーを消費することができるわけだ。

 ちなみに、基本以外のモードを選ぶと、そしてiPodで音楽を聴きながら走りだせば、中間地点、残り50,40,30,20,10カロリー、ゴールで音楽をフェードアウトし、音声で「現在、中間地点です」というように教えてくれる。

 だから、たとえば、ごはん1膳約200カロリー食べ過ぎたダイエッターなら、このメニューで選んで適当に走り出し、中間地点と言われたら、そこで引き返して帰ってくる、というような目的にもこのキットは使えるわけだ。

  • Nike+iPod Sport Kitレシーバを接続したiPod nanoの画面には、Nike+iPodというメニューが追加される。ここから、ワークアウトの設定や開始をする

  • ワークアウトのメニューからは、基本モードのほか、一定「タイム」「距離」「カロリー」消費のためのメニューを選ぶことができる

  • 目標を距離に置く「距離ワークアウト」メニュー。フルマラソンにチャレンジすることも可能だ(気が遠くなりそうだが)……

 ちなみに、タイムでは20,30,45,60,90分、距離では3Km,5km,10km,2マイル、5マイル、10マイル、ハーフマラソン、フルマラソン、カロリーでは100,200,300,400,500,600,700,800カロリーがメニューとして用意されているが、これらの値はカスタムメニューで、任意の距離や時間を設定することも可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]