楽天が名誉棄損で新潮社を提訴--損害賠償額は12億6861万円

岩本有平(編集部)2006年10月04日 23時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天と楽天証券は10月4日、新潮社と新潮社代表取締役の佐藤隆信氏、取締役 兼 週刊新潮 編集・発行人の早川清氏、新潮記者に対して、名誉毀損で12億6861万円の損害賠償と週刊新潮誌上および新聞各紙での謝罪広告の掲載を求め、東京地方裁判所に提訴した。

 楽天によると、新潮社発行の週刊新潮2006年9月7日号に掲載された記事により、「楽天および楽天証券の社会的評価・企業価値が著しく低下し、楽天の株価が急落するなど重大な影響が生じた。また、楽天証券では、事業上、多額の損害が生じているため損害賠償を請求した」としている。

 また、週刊新潮2006年10月5日号についても、楽天に関する記事が掲載されているが、これについても「新潮社に抗議文を発送しており、誠意ある対応が得られなければ、追って、法的責任を追及していく」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加