ソニー、ブルーレイ搭載のVAIO「type R master」を発売--地デジに対応

エースラッシュ2006年10月03日 21時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月3日、ブルーレイディスク(BD)ドライブ搭載モデルを含むデスクトップPC「VAIO type R master」3モデルを、10月28日に発売すると発表した。

 type R masterは、基幹デバイスを搭載したメインユニットと、頻繁に使用する機能を搭載したアクセスユニットの2ユニット構成により、自由なレイアウトで配置できる「ツインユニット・コンセプト」を採用。ハードディスク(HDD)は最大4台搭載可能で、30cm級のフルサイズボードの増設が可能だ。

 発売される3モデルのうち、BDドライブを搭載しているのはWUXGA表示の24型ワイド液晶ディスプレイが付属する「VGC-RM70DPL4」だ。19型SXGA液晶ディスプレイが付属する「VGC-RM50L9」と、ディスプレイなしモデルの「VGC-RM50」は、光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブを搭載している。

 全モデルでCPUはインテルCore 2 Duoを採用。VGC-RM70DPL4は地上デジタル放送の視聴にも対応している。VGC-RM70DPL4のスペックは以下の通り。

  • CPU:インテル Core 2 Duo E6600(2.40GHz)
  • メモリ:1Gバイト
  • HDD:500Gバイト
  • 光学ドライブ:BDドライブ
  • ディスプレイ:24型ワイド液晶(WUXGA)
  • OS:Windows XP Professional

 市場推定価格は、VGC-RM70DPL4が55万円前後、VGC-RM50L9が29万円前後、VGC-RM50が23万円前後となっている。同時に、type R masterおよびtype Lを対象とした「オーナーメードモデル」でもブルーレイディスクドライブが選択可能になった。

 VGC-RM70DPL4 ツインユニット・コンセプトを採用するtype R master(写真は24型ワイド液晶ディスプレイが付属するVGC-RM70DPL4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加