logo

iPodで映像も、を超簡単にする強力ツール--iPod専用ビデオレコーダーiLuv-i180WHT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMJ
iLuv-i180WHT
内容:iPodで動画を楽しむ--。iPodビデオが登場して以来、そんな新たな楽しみが通勤、通学中に追加された。しかし実際にテレビ録画した映像をiPodで視聴するには、番組を録画し、映像ファイルを変換し、iPodへ転送し、視聴する、とステップが意外と多い。そんな複数のステップを一度に行えるのが、この「iLuv-i180WHT」だ。

ファイル変換、転送作業が一切不要のビデオレコーダー

 第5世代iPod(iPodビデオ)やPSPのヒットにより、動画再生に対応したポータブルプレイヤーへの注目が高まってきている。ダウンロード購入したショートムービーやミュージックビデオ、Podcastなどを手持ちのプレイヤーに転送する、いわゆる「モバイル動画」を楽しんでいる、という人も少なくないはず。しかし、iPodの場合、再生できる動画形式に制限があり、一般的なデジタルレコーダーで録画したテレビ番組をそのまま転送することはできない。これらの番組を楽しむには、いったんiPodがサポートする動画形式に変換する作業が必要となる。そして、それに関わる手間と時間が意外とばかにならない。

  • 純正のDock(左)とi180(右)。Dockアダプタは純正Dockと互換性がある

 「iLuv-i180WHT」(以下、i180)は、そういった煩わしさなしでiPodに動画コンテンツを保存できる、専用ビデオレコーダーである。i180を使うと、接続したiPodのHDDに直接テレビ番組を録画することが可能になる。ただし、i180にはチューナーが内蔵されていないため、単独で使用することはできない。別途、テレビやデジタルレコーダーなどのAV機器を用意し、AVケーブルで接続する必要がある。

 外観は、iPod純正のDockをふた回りほど大きくしたようなデザインが特徴的。操作ボタンや端子類は必要最小限にとどめられており、マニュアルを読まずともひと目で機能を把握できるようになっている。本体サイズは幅と奥行きが110mm、高さが27mmと非常にコンパクト。そのため、iPodと一緒に持ち運んで出先で使うことも簡単だ。

  • iPod純正のDockを二回りほど大きくしたようなデザインが印象的

  • 本体裏側にはS-VideoやコンポジットなどのAV入力端子が搭載されている

  • コンパクトな本体のため、iPodと一緒に持ち歩いてもかさばらないのがいい

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集