logo

「カワイイだけじゃない」:ガジェット好きな女性が生み出す新市場 - (page 2)

文:Leslie Katz(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部)2006年07月18日 23時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女性は、携帯電話、デジタルカメラ、ノートブックパソコンなど、携帯型のガジェットに惹きつけられるようだ。「こうした製品のほうが、デスクトップで使用する大きな据え置き型の製品よりも女性に優しい感じがする」からだと、NPDのBaker氏は説明する。

 6月に発表された調査によると、全米のモバイルゲーマーの59%は女性であるという。もちろん、iPodもこうした携帯型ガジェットに含まれる。iPodは女性の間で特に熱心な愛用者が多いとHughesさんは指摘する。

 「女性はiPodさえあればいいみたいだ。たいていの人は、iPod以外のMP3プレーヤーには見向きもしない」(Hughesさん)

 iPodが女性にこれほど支持されるのは、専用のアクセサリが豊富に揃っていることと関係があるようだ。そして、もう1つ。広告だ。「Appleの広告はカッコいい。オタクっぽくないし、今の時代にマッチしている」

 iPodは確かに女性には人気だ。iPod miniが出たことで、旧機種よりもさらに女性の気持ちを引きつけるようになった、という話もある。しかし、iPodに限らずMP3プレーヤーを所有している率となると、依然として男性のほうが高い(Pew Internet & American Life社、2005年調べ)。iPodまたはその他のMP3プレーヤーを所有している男性は13%いるが、女性は9%に留まっている(同調査)

 しかし、女性の場合は電話やデジタルアクセサリをいつも自分で購入するとは限らない。プレゼントとしてもらうことも多い。NPD Groupの調査によると、2006年の母の日の前の週には、2005年の同時期に比べて家電製品の売上げが9%増加したという。ちなみに、父の日の前の週の売上げは2005年の3%増に留まっている。

 この数字から、世の母親たちが技術製品に詳しくなってきているだけでなく、父親や子供たちが生活を共にする女性のために携帯機器に喜んでお金を使うようになったことが分かる、とBaker氏は指摘する。モバイルナビゲーション機器やサテライトラジオなど、今までは男性向けのプレゼントだった商品が、2006年の母の日の前には大変よく売れたという。

 こうしたデータを見て、Alison Lewis氏は喜んでいるに違いない。Lewis氏は技術の世界に足を踏み入れたのは遅かったが、現在、オンラインの女性向けDIYショーSwitchを開設して、女性のための技術伝道師として活躍している。このサイトには、女性向けのハウツービデオが置いてあり、ハンドバッグ用ライトといった、実用的で、おしゃれで、いかにも女性らしいガジェットの作成方法を教えている。

 「雑誌はいろいろと出ているけれど、電子機器に女性が興味を持つような専門のメディアが何もなかった」とLewis氏は語る。現在30代の彼女は、昼間は、ニューヨークのParsons Institute of Designでファッションとテクノロジのクラスを教えている。「本格的なDIY向けの技術書籍やサイトと、手作り教室のサイトや書籍のちょうど中間にあたるメディアが何もない。どれも、女性が苦手な技術オタク向けの電子機器を使ったハウツーものばかりだ」(Lewis氏)

 では、女性はどういったものがお好みなのだろうか。

 お気に入りのガジェットは何かと尋ねられたLewis氏は少し考えて、「今、家電メーカーから出ている商品はどれも気に入らない」と本心を明かしてくれた。

 「どれも堅くて冷たい感じがする。そういうものは女性には受けない」と彼女は言う。

 たとえば、「何故、電話は堅いものと決まっているのか。腕時計のように手首に巻き付けて使う電話があってもいいと思う。それくらい技術的にはいくらでもできるのに、誰もやらない」(Lewis氏)

 彼女のお気に入りのデバイスには、高級な生地を使用した柔らかい触感のインターフェースを備えたものがある。バッグやバックパック用に開発されたEleksenのSmart Fabric Touchpadもそうしたお気に入りの1つだ。これを使うと、iPodをバッグに入れたまま、ストラップでリモート制御できる。一方、Hughesさんは多機能のガジェットがお気に入りだ。「音楽、動画、写真など、すべて扱える電話があれば理想的。それ1台あれば、ハンドバッグにいろいろなガジェットを入れておかなくて済むから」(Hughesさん)

 これは、Card氏の望むガジェットにもつながってくる。つまり、持ち運びに便利なオプションの付いたガジェットだ。「携帯電話やヘッドホンやヘッドセットをバッグに入れたまま使うための仕組みを組み込む。これにはまだまだ改良の余地がある」(Card氏)

 ガジェット愛好家の女性といっても、もちろん皆同じというわけではない。「一番女性らしいガジェットは?」という質問に対する答えもさまざまだ。ピンクのMotorola Razr、ピンクのNintendo DS Lite、ハローキティの携帯電話、ラップトップ、USBハブなどなど。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]