logo

ヤフー、貧困撲滅を目指すキャンペーンサイトを支援--Flickrやツールバーを提供

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年06月19日 22時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahooが、従業員のボランティア制度の一環として、有名な慈善事業サイトを支援した。

 One.orgは「The Campaign to Make Poverty History(貧困を過去のものに)」をスローガンにチャリティコンサートLive 8など様々な活動に取り組むONE Teamの情報提供サイトである。One.orgでは現在、写真の共有、ブログ、ダウンロード可能なツールバー、ポッドキャスト、インタラクティブマップなどが利用できるようになっている。

 Yahooは、「Yahoo for Good Scrum」プロジェクトの一環として、「Flickr」サイトにある同キャンペーンの画像とOne.orgを統合した。Yahoo for Good Scrumは、Yahooの従業員が通常の職務から離れて最大3カ月を慈善運動の支援に充てることができる制度だ。

 Flickrの写真は今、著名人の支援者と並んでOne.orgのホームページに掲載されている。写真をクリックすると、Yahooの写真共有サイトFlickrに画面が遷移し、その写真とタグ付き情報が表示される。

 ONEの支援者はバナー広告をダウンロードし、自身のウェブサイトに貼り付けることでOne.orgを宣伝することができる。また支援者はOne.orgとYahooのツールバーをダウンロードし、One.orgの更新情報へのリンクや、最新イベントのストリーミングビデオなどの情報提供を受けることができる。

 同サイトでは、リストバンドやTシャツも販売している。また、Yahooでは、このTシャツを着たアバターをダウンロード提供している。

 同ウェブサイトの機能追加は、ロシアのサンクトペテルスブルグで7月15日から開催されるG8サミット(先進8カ国首脳会議)を見据えた取り組みの1つとして行われた。

 ONEは2005年に、チャリティコンサートLive 8をベルリン、ロンドン、パリ、フィラデルフィア、ローマで同時に開催し、貧困とエイズ撲滅に向けて、より積極的に活動するようG8サミットに出席した各国の首脳陣に訴えかけた。

 U2のボーカルBonoが共同創始者のOne.orgは、Bread for the World、Save the Children、Oxfam、USA for Africa、UNICEF USAなどの複数の団体で組織される。また支援者としてMicrosoftの会長Bill Gates氏、New York Times Co.のAbout.com、MSNBC、AOLなどが名を連ねている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集