logo

米IBM、今後3年間でインドへの投資を3倍の60億ドルに拡大すると発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米IBMのサミュエル・J・パルミサーノ会長兼CEOは現地時間の6月6日、イン ドのバンガロールで開催したIBMの過去最大となる社員集会で、今後3年間でイ ンドへの投資をほぼ3倍に拡大すると発表した。

 1万人の社員を前にした講演でパルミサーノ会長は、「インドなど新興経済 国は、IBMがグローバルに成功する上でますます重要な存在となる。インドで の投資や優秀な社員、ビジネス・パートナーの発掘を行わなければならない」 と述べ、「インドへの投資を過去3年間に行った20億ドルから、今後3年間で3 倍の約60億ドルまで拡大し、インド市場で成長するためのチャンスを最大限に 活用する」と語った。

 IBMは投資拡大に向け、バンガロールに新しいタイプのサービス・デリバリー・センターを設立。ITサービスのデリバリーを大幅に自動化する新しいプロセ スとテクノロジーを展開することで、ユーザーサービスを柔軟対応できるよう にし、低コストで提供する。

 また、IBMシステムズ&テクノロジー・グループ(STG)イノベーション・デ ィベロップメント&エグゼクティブ・ブリーフィング・センターも設け、パフ ォーマンス・ベンチマーク、テスト、データ移行、コンピテンシー構築の機能 も提供できるようにする。ほかにも、ビジネス課題の解決に取り組むことでイ ンドの学生のソフト開発スキルを向上する「グレート・マインド・チャレンジ」 を開始する。

-PR-企画特集