logo

録画できるプラズマWooo W42P-HR9000の録画機能はレコーダーよりスゴイ? - (page 4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日立
W42P-HR9000
内容:プラズマテレビにHDDを内蔵した日立WoooのHR9000シリーズは、業界に先駆けて、テレビに録画機能を内蔵したブランドだ。今回の新製品では搭載HDDの倍容量が録画できる「XCodeHD」の採用や、色鮮やかなハイビジョン画質を再現する「Picture Master HD」、そして精細感をアップさせた「1080ALISパネル」と新技術を続々と投入している。

高圧縮録画でHDD容量を倍増

 内蔵HDDでの録画機能もHR9000シリーズの特徴である。ダブル録画には対応していないが、デジタルチューナーを2基搭載し、裏録画が可能だ。やはり録画はできた方がベターだろう。HDD録画によりタイムシフト視聴も可能になり、テレビにかじりつかずに済む点はとても重宝する。録画操作は同社のレコーダーとほぼ同じで、EPGやレコーダーが使える人なら難なく操作できるだろう。

 

 日立GST社製のHDDを採用し、HDD容量は前モデルの160Gバイトから250Gバイトへアップされている。さらにカナダViXS社製のAV変換LSI「XcodeHD(R)」を新採用することで、ハイビジョン画質での長時間録画を実現した。「XcodeHD」は、ハイビジョン画質(MPEG2ストリーム記録)のまま圧縮率を上げてレート変換する回路だ。解像度をSD(標準画質)へと落とさずにデータを圧縮している点が新しい。録画の際に、このLSIを使った高圧縮なTSE録画モードが選べる。このモードでは約半分の記録レートでハイビジョン録画が可能で、本機の250GバイトHDDを実質500Gバイト相当として使える計算になる。

 「XcodeHD」によって高圧縮された映像を見ると、ハイビジョンの細やかさは失われていない。ただし、高圧縮であるため、動きの激しい映像では圧縮ノイズが出やすくなる。コンサートなど派手な映像は、ちょっと苦しいが、トークやバラエティ番組などの録画には使えそうだ。500Gバイト以上のHDDを搭載すれば、高画質で長時間録れるはずだが、プラズマテレビの売れ筋価格をキープしつつ実使用に耐える録画機能を内蔵するには、高圧縮録画モードの採用は非常に現実的といえる。

 また、i.LINK(TS)出力端子で、同社のデジタルレコーダーDV-DH1000D、DV-DH500Dと接続すれば、本機で録画したデジタル放送をレコーダーにムーブ(移動)も可能だ。XcodeHDで圧縮したデータもムーブでき、レコーダーでの再生やDVDへのダウンコンバート保存が可能になる。

 従来日立のプラズマテレビは、どちらかと言うと防戦気味だったが、本機には攻めの姿勢が感じられる。ほかの42型と同じ価格帯で、ワンランク上の映像が手に入るコストパフォーマンスの高さがウリで、録画機能も魅力的だ。画質&機能ともに、お楽しみの多いプラズマテレビといえるだろう。

  • 内蔵HDDの録画モード。TSは一般的なストリーム録画モード(地上デジタル放送は約17Mbps)、TSE1とTSE2は「XcodeHD」を使った高圧縮のTSモードで、TSE1で約11Mbps、TSE2で約8Mbpsまでの圧縮が可能だ

  • 本機でHDD録画した番組を、同社のDVDレコーダーDV-DH1000D、DV-DH500Dへムーブする時の画面。操作はDVDレコーダーと同じ要領で簡単だ。「DV-DH1000D」、「DV-DH500D」はD-VHSと認識される。i.LINKのテープコマンドを使うためムーブは等速になる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]