logo

録画できるプラズマWooo W42P-HR9000の録画機能はレコーダーよりスゴイ? - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日立
W42P-HR9000
内容:プラズマテレビにHDDを内蔵した日立WoooのHR9000シリーズは、業界に先駆けて、テレビに録画機能を内蔵したブランドだ。今回の新製品では搭載HDDの倍容量が録画できる「XCodeHD」の採用や、色鮮やかなハイビジョン画質を再現する「Picture Master HD」、そして精細感をアップさせた「1080ALISパネル」と新技術を続々と投入している。

明るく高精細で見やすい映像

 実際に視聴してみよう。まず、解像感の高さと明るさが印象的だ。特にBSデジタルの高ビットレートの番組では、繊細な森林の風景や、複雑な都会の遠景などに、一般の42型プラズマ以上の細やかさと奥行き感が感じられた。オーバースキャンなしに設定するとパノラマ感も少し増す感じだ。色表現では赤の純度の高さが印象的で、薔薇が朱色ががったりすることなく深紅に表現される。色が単純に派手で絵はがき的だった前モデルに較べると、しっとりとした色表現も可能になった。

 ALISは明るい反面で、画素間にブラックストライプ(黒を表現するための黒塗りのライン)が置けないため、黒の表現が苦手と言われている。本機も、夜景など漆黒の表現にはやや弱く、比較的ハイキーでパステル調な印象だ。といっても暗部の階調感はよく、晴天下の木立やビルの影などが、影の中の情報をつぶさずしっかり描写できる。

 プラズマで出がちな疑似輪郭(雲や人肌などの微妙な階調に偽の輪郭がつく現象)も、映像の多階調処理によって前モデル以上に押え込まれている。DVDビデオの再生でも画素変換に不自然さは感じられない。絵作りとしては、もう少し爽快感がほしい気もするが、自然な階調で見やすい映像だ。メリハリ&記憶色重視のトレンドに迎合していない点は好感がもてた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]