高くても売れるプラズマ、価格より「高画質」と「使いやすさ」がポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーW杯ドイツ大会の開幕まで3週間に迫り、迫力の大画面で応援できる 薄型テレビ商戦も大詰めを迎えている。特にプラズマテレビは、スポーツなど 動きの速い番組に適しているといわれ、購入を検討しているサッカーファンも 多いのではないだろうか。そこで、「BCNランキング」でプラズマテレビの売 れ筋をチェックしてみた。

 ゴールデンウィーク商戦が終わり、店頭は滑り出し好調の新製品にほぼ切り 替わった。5月第2週(5月8日-5月14日)の「BCNランキング」では、4月発売の 松下電器のVIERA(ビエラ)37V型「TH-37PX600」が販売台数シェア19.2%で1位を獲得した。

【図と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加