logo

TBSと松下、ワンセグデータ放送と携帯サイトの連動サービスを開始

ニューズフロント2006年04月09日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京放送(TBS)と松下電器産業は4月7日、ワンセグ放送と携帯電話向けウェブサイトを連携させた視聴者参加型サービスを開始すると発表した。TBSが松下の提供で4月10日から放送する連続ドラマ「特命!刑事どん亀」のデータ放送部分から、両社の携帯サイトへリンクを張り、ゲームなどのコンテンツを提供する。

 コンテンツとあわせて番組の関連情報を提供したり、次回の放送への興味を喚起するしかけを施し、「継続的な視聴を喚起するための新たな番組宣伝手法として活用する」(両社)という。

 TBSではドラマの公式サイト上で、あらすじ、キャスト紹介、待ち受け画像といったコンテンツを提供する。松下は携帯向け生活情報サイト「くらしのスパイス」に専用ウェブページを設け、ゲーム、クイズといったエンターテインメントコンテンツや、自社商品の情報などを提供する。またドラマのデータ放送から同サイトにアクセスしたユーザー向けの特典も用意するという。

-PR-企画特集