logo

デジタルガレージ、ウェブ広告事業会社「DGメディアマーケティング」を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルガレージは2月13日、カカクコムなどグループ企業と共同で、ウェブ広告事業のための新会社「DGメディアマーケティング」(仮称)を設立することを発表した。設立は3月27日の予定。

 デジタルガレージは、グループ会社のカカクコムが運営する価格比較サイト「価格.com」や、カカクコムの子会社が運営する旅行の口コミサイト「4travel.jp」のほか、ブログ専門検索サイト「technorati.jp」などのメディアを抱えている。

 新会社では、自社グループのメディアの特性を生かした商品開発や提案営業を進めるほか、グループ以外のメディアも幅広く扱う。また、広告効果を評価できる仕組みを独自開発し、クライアント企業のメディアマーケティング活動全般にサービスを提供する予定だ。特に、ウェブ上での購買および購入意向の高いユーザーを多く抱えるグループメディアの特性を生かして、クライアント企業に対する「販売代理」の視点でのサービス開発やビジネス企画に重点を置いた事業展開を考えている。

 DGメディアマーケティングの資本金は5000万円で、株式の所有割合は、デジタルガレージが81%、カカクコムが7%、フォートラベルが2%、その他が10%となっている。

-PR-企画特集