「ノートPCの価値、約100万ドル」:シマンテック、ノートPC盗難防止を呼びかけ

文:Will Sturgeon(Silicon.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部)
2006年01月30日 16時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ企業Symantecの最新調査によると、ノートPCには平均して約100万ドルに相当するデータが含まれているという。

 Symantecが米国時間27日に発表した調査結果によると、通常のノートPCには金額にして97万2000ドルに相当するデータが含まれており、中には、880万ドル相当の商業的機密データや知的所有権を含むものもあるという。

 同調査では、重要なデータの多くは従業員の電子メールに含まれているが、そのバックアップを自動的に実施している企業は42%にすぎないことも分かった。45%が、バックアップ処理を従業員個人に任せているという。

 「企業幹部は財務的価値が高いモバイル端末を持ち歩いているが、そこに保存されている情報を保護することに関しては、ほとんど対策がなされていない。これは、警戒すべき事実だ」とSymantecのEMEA地区担当バイスプレジデント、Lindsey Armstrongは述べている。

 実際、ノートPC盗難の脅威は、懸念事項となっている。FBIが実施したコンピュータ犯罪調査では、回答者の約50%が2005年にノートPCなどの携帯端末の盗難を経験していることが分かった。25日、American Expressから分離した投資コンサルタントのAmeriprise Financialは、自社のノートPC1台が盗まれたことにより、約23万の顧客やアドバイザーに関する機密データが流出したことを明らかにしている。

 企業へのメッセージは明らかだ。すべてのデータを定期的にバックアップし、持ち歩くノートPCの安全対策を徹底し、必要ない機密情報は含まないようにすること、とSymantecは述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加