logo

KDDI、Hello Messenger対応端末などCDMA 1Xの新ラインナップを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは1月12日、auの第3世代携帯電話「CDMA 1X」の新ラインナップを2月上旬より全国で順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、Push to Talkサービス「Hello Messenger」に対応したコンパクト&ベーシックモデルの「A5518SA」、昨年3月に発売された「Sweets」のコンセプトを継承した「Sweets pure」、子供に持たせて安心な機能が充実した「ジュニアケータイ A5520SA」の3機種。

 三洋電機のA5518SAは、131万画素カメラ、FMラジオチューナ、赤外線通信機能のほか、OCR機能、端末を閉じるたびにロックがかかるセキュリティ機能などを搭載。分散型音声認識機能「声de入力」を使ったEZナビウォーク「声で乗換検索」「声で目的地検索」に対応する(関連記事)。テキスト、写真、音声で複数の相手とリアルタイムにコミュニケーションできる「Hello Messenger」にも対応する。

 三洋電機製のSweets pureはオリジナルシールで簡単に外観をカスタマイズできる。131万画素カメラと2.2インチ高精細QVGA液晶を搭載し、カラーサブディスプレイで自分撮りも可能だ。Hello Messengerに対応しており、赤外線通信機能のほか和英・英和辞書、時間割、おこづかい帳、日記帳など10代の女の子に向けたさまざまな機能を搭載した。また、防犯ブザーや簡易ライト、使いすぎなどを防止できる「ティーンズモード」などの機能も備える。

 同じく三洋電機製のジュニアケータイ、A5520SAは防犯ブザーを鳴動させると、ペア相手にGPSメールを自動送信する機能や、緊急通報・急行サービス「HELPNETケータイ」、「ココセコムEZ」などのGPS機能を充実させた。使いすぎや、ウェブへの不要なアクセスなどを防止できる「ジュニアモード」に対応しており、子供にも楽しく使えるデザインシール、親子で読める「ジュニアマニュアル」と保護者に分かりやすい「はじめてマニュアル」を同梱している。

060112_kddi2.jpg
左からA5518SA、Sweets pure、A5520SA

-PR-企画特集