logo

インビジブルハンド、コンテンツに合致したアドネットワークを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インビジブルハンドは1月10日、広告配信エンジン「ADJUST」にキーワード広告制御機能を搭載し、アドネットワークでコンテンツに合致したインターネット広告を配信できるサービス「Keyword Match」を、2月1日より開始すると発表した。

 Keyword Matchは、広告掲載枠が設置されているホームページ内の文字データを解析することで、コンテンツ(記事内容)に適合した広告を掲載できるサービスだ。広告主は、あらかじめADJUSTで用意した100語のキーワードから希望するキーワードを選定する。インターネットユーザーが選定されたキーワードとマッチングするコンテンツを閲覧した場合に、ADJUSTは広告を表示する。新たに搭載したキーワード広告制御機能により、広告掲載枠のホームページの内容を解析して広告主や広告内容を変更することが可能となった。このKeyword Matchは、コンテンツの更新が早い新聞社のサイトやブログサイトなどを解析することで、より大きな広告効果が期待できるとしている。

 今回ADJUSTに搭載したキーワード広告制御機能は、トライアックスが保有するコンテキスト解析技術を用いて、トライアックスと共同で開発された。このコンテキスト解析技術は、国内でも数少ない技術で、記事内容を解析することで記事内容により近いキーワードを抽出できる。

 2月1日から広告主は、ADJUSTネットワーク、AD-ONネットワークに加え、Keyword Matchもクリック保証型テキスト広告として購入できる。また、掲載サイト運営者側は、Keyword Match用の広告掲載枠を準備するだけで、記事内容に合致したテキスト広告が掲載されるようになる。

-PR-企画特集