logo

松下、1GバイトのminiSDカードを発売

エースラッシュ2005年11月10日 20時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は11月10日、携帯電話などで使用する1GバイトのminiSDカード「RP-SS01GBJ1K」を発表した。

 最近の携帯電話は音楽コンテンツの充実に加え、メガピクセルのカメラ機能を搭載する機種なども増えてきている。このような保存データの肥大化を受け、携帯電話の記憶メディアとして採用されることが多いminiSDを大容量化することでデータ保存の負担を軽減する。さらに最大5MB/sの転送レートでのアクセスが可能だ。

 発売日は12月10日で、月産枚数は1万枚を予定。価格はオープンとなっている。

1GバイトのminiSDカード「RP-SS01GBJ1K」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]