logo

ヤフーとマイクロソフト、IMの相互乗り入れへ

Ina Fried(CNET News.com)2005年10月12日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとYahooは、各々のインスタントメッセージ(IM)サービスのユーザーがメッセージを交換できるようにすることを検討しており、まもなくこのための契約が交わされることになりそうだ。米国時間11日にある情報筋がCNET News.comに明らかにした。

 この相互乗り入れでは、テキストと音声メッセージの両方が対象として検討されているが、合意の詳細がまだ最終決定に至っていない点を情報筋は強調した。同情報筋によると、両社は米国時間12日にこの提携を発表する予定だという。

 Microsoftのある関係者は、この件に関するコメントを差し控えた。またYahooの関係者からはすぐにコメントを得ることができなかった。

 Yahoo、Microsoft、AOLの3大IMサービスプロバイダーは、これまでにも何度か相互乗り入れについて協議したことがあるが、限られた成果しかあがっていない。

 Microsoftの「Live Communications Server」を利用する企業では、数カ月前から、複数のIMソフト間でテキストメッセージをやりとりすることが可能となっている。しかし、一般ユーザーが「AOL Instant Messenger」「Yahoo Messenger」「MSN Messenger」のうち2つ以上のサービスを使おうとした場合、複数のアカウントを管理しなくてはならない。なお、「Trillian」のようなサードパーティ製プログラムを使えば、1つのプログラムのなかで複数のサービスを利用することができる。

 Yahoo-Microsoftの提携に関する詳細は、Wall Street Journalで11日午前に報じられた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集