オペラ、創立10周年を記念してブラウザを無償提供

Dawn Kawamoto (CNET News.com)2005年08月31日 16時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Opera Softwareは現地時間30日、創立10周年を記念して、有償バージョンのウェブブラウザを無料で提供することを明らかにした。

 同社は30日深夜まで、Opera 8ダウンロードに必要な無償の登録コードを提供する。同社のマーケティングコミュニケーション担当マネージャMichelle Valdiviaによると、このライセンスはOpera 8で有効だという。2005年4月にリリースされたOpera 8は通常、1ライセンスあたり39ドルで提供される。

 「祝賀パーティに参加する人に捧げる『サプライズギフト』だ」とValdiviaは述べる。

 同社が10周年を祝賀して開設したパーティサイトには、ゲーム、Operaブラウザの歴史、Operaスタッフが制作した音楽、CEOであるJon von Tetzchnerとのチャットエリアなどのコンテンツが掲載されている。

 Tetzchnerは声明で「今日は、われわれのユーザーを祝福したい」と述べている。

 ノルウェーの大手電話会社Telenorの研究プロジェクトとして発足したOperaは、1995年にTelenorから分離独立した。Operaは現在、デスクトップPC、携帯電話、ホームエンターテインメント端末向けのブラウザの開発およびマーケティングを行っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加