logo

BBモバイルとノーテル、1.7GHz帯HSDPAで14.4Mbpsの通信に成功

ニューズフロント2005年06月06日 15時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループのBBモバイルとノーテルネットワークスは、無線パケット通信方式HSDPAの実証実験を行い、14.4Mbpsで通信することに成功した。ノーテルが6月6日に明らかにしたもの。

 HSDPAは、W-CDMAを高度化したパケット通信方式である。現在利用されているGSMベースのUMTSに比べ、1基地局当たりのデータ容量は30倍、ユーザー数は2倍まで増やせる。

 実験は、BBモバイルが総務省から取得した1.7GHz帯W-CDMA実験局本免許にもとづき、5月30日から行っていた。ノーテルによると「1.7GHzの周波数帯において、国内通信事業者がHSDPAの実験を行った初めてのケース」という。

 実験にあたって、ノーテルは自社製UMTS基地局やUMTS Radio Network Controllerなどの既存製品を利用して、HSDPAで14.4Mbpsの最大速度を実現した。「当社製品は、ソフトウェアをインストールするだけで安価にHSDPAに対応できるように設計されている」(同社)

 ノーテルは、6月8〜10日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催されるNetWorld+Interop Tokyo 2005で、この実証実験の一部内容を紹介する。

ノーテルネットワークス

-PR-企画特集