logo

シスコ、IP電話機器メーカーを買収へ--消費者市場への取り組みを強化

Marguerite Reardon(CNET News.com)2005年04月27日 12時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cisco Systems(本社:カリフォルニア州サンノゼ)が、Sipura Technologyを6800万ドルの現金で買収する。同社は、株式非公開の家庭向けインターネット電話関連製品メーカー。

 Ciscoは米国時間26日、Sipuraの技術を利用してLinksysホームネットワーキング部門の製品に音声機能を追加する計画を明らかにした。Linksysでは、家庭やホームオフィス、小規模企業向けにワイヤレス/ネットワークハードウェアを販売している。Ciscoは、2003年にLinksysを5億ドルで買収し、消費者向けの市場に参入した。

 VoIP技術は、通常の電話回線の代わりにブロードバンド・ネットワーク経由で電話がかけられるようにするもの。消費者向けVoIP市場は、独立系のサービスプロバイダーやケーブルテレビ事業者、従来の電話会社が各種サービスを開始し、今後数年で急速に成長すると期待されている。

 Ciscoはすでに電話アダプタ(IP電話機能付きTA)や無線ホームルータに一部のVoIP機能を搭載している。同社によると、この技術の大半は元々Sipuraのものだという。

 Ciscoは、Sipuraの買収をVoIP機能とLinksys事業部向け製品の開発に役立てる計画であることを明らかにした。

 CiscoのCTO(最高技術責任者)とLinksys事業部の社長を兼任するCharles Giancarloは声明のなかで、「VoIP市場は、CiscoとLinksysの革新と成長にとって戦略的に重要だ。Sipuraの技術が加われば、音声分野の消費者向け製品開発の取り組みが強化される」と述べた。

 なお、この買収は7月末に完了する見通し。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集