logo

Windows対Windows--マイクロソフトの違法コピー対策 - (page 2)

Ina Fried (CNET News.com)2005年02月21日 14時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが違法コピーの取り締まりに出るのは今回が初めてではない。同社はWindowsにアクティベーション機能を追加したほか、多くの時間と費用を費やして、規制当局と協力しながら法的手段を通した違法コピーとの戦いを行ってきている。

 Microsoftは先ごろ、この最新の取り組みによって売上が増加するとの考えを示したが、具体的な数字を示すことは控えた。

 Microsoftのシステムビルダ/ライセンス遵守部門のゼネラルマネジャー、Kurt Kolbは、CNET News.comへの声明のなかで、「Microsoftでは、この取り組みからある程度の収益を見込んでいる」と述べた。

 Linuxに流れる顧客を減らすための手段の1つとして、Microsoftは使用中のWindowsが違法コピーと分かったユーザーに救いの手を差し伸べている。同社が3カ国で実施しているテストプログラムでは、Windowsのライセンスが不適切であると判明した場合、正規版を割引価格で購入できるようになっている。

 しかしアナリストらは、「正規版提供作戦」は名案だが、それだけでは十分ではないかもしれないという。

 調査会社GartnerアナリストのMichael Silverは、「一部の国々では、PCの価格と比べてWindowsの値段がかなり高額になるため、そこまでしても売るのは難しいかもしれない」と述べている。さらに、技術的な課題もある。Windowsの新しいコピーを導入することになれば、コンピュータ所有者は自分のデータをすべてバックアップし、ハードディスクをフォーマットし直して、最初から作業をやりなおさなくてはならなくなる可能性が高いが、これは多くの初心者がやりたがらない、あるいはやりたくてもできない作業だ。

 Microsoftはまた、ムチだけでアメがないように見られることも避けようとしてきた。同社は、Windowsの正規版所有者にメリットを与えるべく、これまでさまざまな賞品や無償サービスを提供してきた。

 「Microsoftは正規版になんらかの特別な価値があることを示そうとしている。だが、これは正規版と違法コピーの間に基本的にあまり差がないためで、両者は見た目も機能もほとんど同じだ」(Silver)

 シンガポールでは、同社はWindows Genuine Advantageへの登録者に景品を配っており、また米国ではPhoto Story 3の無償配布や他のさまざまなインセンティブを提供している。

 同社は、このような取り組みを1年近く前から密かに積み重ねてきた。たとえば、同社は中国で「Windows Club」という試みを展開し、正規ソフトの購入者に数々の特典を提供している。

 アナリストのなかには、いずれ同社がWindowsの違法コピーユーザーに対し、パッチをダウンロードできなくするだろうと推測する者もいる。だが、Microsoftは「かならず全てのユーザーにセキュリティアップデートを配布する」とCNET News.comに対して述べている。

 Microsoftは、どちらかといえば大胆な計画を発表したが、印象の問題が発生する可能性について明らかに認識している。同社はWindows Genuineサイトへアクセスしたユーザに、この取り組みに対する感想を訊ねる調査への参加を呼びかけている。

 この調査では、同プログラムによって偽造が減ると思うかどうか、このメリットを得るのはMicrosoftなのかそれとも消費者なのか、そしてこのプログラムが必須となった場合どうするかなどを訊ねている。

 GartnerのSilverによると、消費者にとっては結局は金銭的な影響が問題になるという。

 「結局、ある程度は価格の問題になる。つまり、正規版が果たしていくらになるか次第だ」(Silver)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]